1. ホーム
  2. スタンドアロン製品
  3. LOCK STAR 認証ガードマン
  4. 概要・特長

LOCK STAR 認証ガードマン登録したID・パスワードを目的のフォームへ転送・自動サインオン

概要

LOCK STAR 認証ガードマンは、USBキーをパソコンに挿すだけで画面上に表示されているアプリケーションやインターネット、VPNなどの認証画面(標準Javaコンポーネント及びActiveXコンポーネントも含む)・入力画面を自動的に識別し、保存されている認証情報のうち対応する情報を手入力の代わりに転送し、自動サインインすることができます。

LOCK STAR 認証ガードマンイメージ図

特長

専用ドライバとソフトウェアのインストールが不要

専用のドライバやソフトウェアをインストールする必要がないので、家でも会社でもUSBキー1本ですぐに使えます。
PCに接続するだけで自動的に認識されるため、製品の初期導入時や、OSのアップデート時のサポート、メンテナンスを容易としました。

認証・入力情報を自動転送

登録したIDやパスワードから、認証・入力画面を自動識別して対応する情報を自動で転送・実行します。
USBキーに登録できるので、セキュリティを高めるために複雑なパスワードを設定することができます。

フィッシング詐欺を防止

URLや画面の情報を識別するため、フィッシング詐欺を未然に防止することができます。

利用者に認証情報を知らせない・編集させない

オプションの「管理者ツール」でIDやパスワードなどの認証情報を登録してから利用者にUSBキーを配布すれば、ユーザにIDやパスワードを教える必要がありません。
また、ユーザは認証情報を編集することができません。

「どの製品が適しているのかわからない」、「こういったことはできないのか」など、ご不明な点がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る