1. ホーム
  2. スタンドアロン製品
  3. LOCK STAR-SKシリーズ
  4. 機能

LOCK STAR-SKシリーズUSBキーの抜き挿しで自動ログオン・ログオフ・ロックを実現/
PCのセキュリティ強化製品

機能

Windowsログオン管理機能

全製品共通の基本機能です。

自動ログオン

1本のセキュリティキーに5種類のログオン情報を登録できます。
セキュリティキーを挿せばログオンできるので、管理者が設定したログオンパスワードを利用者に知られることがありません。

PCロック・ログオフ

セキュリティキーを抜いたら、PCをロックする・ログオフするという動作を設定できます。

PIN設定

セキュリティキーにPIN(個人認証用暗証番号)を設定できるので、USBキー紛失・盗難時の不正利用防止になります。
また、PINは指定回数以上連続して誤入力するとPINロックがかかり、セキュリティキーを使用できなくすることも可能です。

パスワードの同期変更

定期的なドメインのパスワード変更時に、USBキーの回収・再設定の必要がないため管理者の運用負担を軽減できます。

PCの使用状況のログ管理

ログオンしたユーザ名・使用時間・セキュリティキーのシリアルNO.などの各クライアントPCの使用状況を管理することができます。

Windowsのリモートデスクトップ接続によるリモートログオンの認証

サーバの管理や遠隔地にあるPCの操作などで、操作するPCにセキュリティキーを挿せば、操作許可されたPCにセキュアにログオンすることできます。

ページ上部へ戻る

アクセスコントロール機能

「LOCK STAR-AC」の基本機能です。「LOCK STAR & Memory」にオプション機能として追加することができます。

情報漏洩防止対策として、データの外部持ち出しを特定のユーザだけに許可することができます。

外部記憶装置の使用禁止、保存禁止

外部記憶装置の使用を禁止したり、一部読み取り許可にできます。
また、登録したUSBメモリを1本だけ使用を許可することもできます。
なお、設定に関わらず、スマートフォン等WPD経由のアクセスは常に禁止されます。

ネットワークドライブ間のデータ保存禁止

LAN内のPC間のファイル/フォルダの移動・コピーを禁止することができます。

印刷操作の禁止

ローカル・ネットワークを問わず、あらゆるプリンタの印刷を禁止することができます。PDFファイルへの変換も禁止します。

インターネットの使用禁止

インターネットを完全に使用禁止するか、またはHTTP・メール(SMTP/POP3)・FTPを個別に使用許可することができます。
(WindowsのModern UIでは、インターネットの使用禁止はできませんのでご了承ください。)

USBキーを抜くとすべてを自動的に禁止

セキュリティキーを抜くと、外部記憶装置の使用・ネットワークドライブ間のデータ保存・印刷操作・インターネットの使用を全て自動的に禁止します。
正しいセキュリティキーを持つユーザのみが、管理者により許可された設定でPCの利用が可能になります。

各種ログの取得

Windowsのアクセスログに加えて、外部装置・ネットワーク上の共有ドライブへのデータ保存・印刷・メールの添付ファイル送信・サイトへのアクセス・FTPへのアクセス・MSNメッセンジャーの送信ログ情報を表示できます。

ページ上部へ戻る

認証ガードマン機能

全製品共通のオプション機能です。

アプリケーションやWebページにID・パスワードなどを転送し自動ログオンできる機能です。
IDやパスワードを記憶する必要がないので、複雑なIDやパスワードを設定することができ、セキュリティを高めることができます。

Webページでの利用

IDやパスワードなどの認証フォームだけでなく、定型フォーム内のデータ自動入力にも対応しています。
ブラウザはInternet Explorerに対応しています。また、Windows 10の新しいブラウザ「Microsoft Edge」にも対応しました。
最新の対応ブラウザのバージョン情報は、仕様・動作環境で確認お願いいたします。

Webページだけでなく、さまざまな認証にも対応

自社製のアプリケーションに限らず、市販の業務パッケージ、ワークグループ製品などの認証にも対応しています。
OfficeファイルやPDF、あるいはメールソフトなどのパスワード画面の認証にも利用できます。

認証情報の編集の制限

オプションツールの「管理者ツールセット」を利用すると、管理者が事前に認証情報を登録してからUSBキーを利用者に渡し、渡された利用者は登録した内容を編集することができず、 決められた認証情報にしかサインオンできないというような使い方ができます。

ページ上部へ戻る

管理者ツールセット

全製品共通のオプションツールです。Microsoft Accessが別途必要となります。

セキュリティキーの設定と設定情報の保存

標準でセキュリティキーに使用ポリシーを設定するツールは付属していますが、管理者ツールではセキュリティキーに設定した使用ポリシーが自動的にデータベースに保存されます。

セキュリティキーの設定情報の管理

データベースに保存されたセキュリティキーの設定情報を管理します。
また、設定情報を基にセキュリティキーを複製します。

セキュリティキーの連続設定

データベースに保存されたセキュリティキー(マスターキー)の設定情報とCSVファイルのセキュリティキーの更新情報を使って、マスターキーの複製とセキュリティキーごとの情報更新を連続して行います。
セキュリティキーを大量に導入するときに、導入作業を軽減することができます。

「どの製品が適しているのかわからない」、「こういったことはできないのか」など、ご不明な点がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る