1. ホーム
  2. サービス紹介

サービス紹介

サービス概要

従来、自社のコンピュータに自身でデータを保有・管理していたのに対し、パブリック・クラウド利用の場合はクラウドサービス提供者のストレージ上でそれらを行うことになります。
そのため、クラウドを導入したい企業にとって最大の懸念は、情報漏洩、そしてクラウド提供者がファイルへの不正アクセスやコピーなどを意図すれば、その阻止が不可能だということでした。
弊社は、その懸念を払拭できる新しいクラウドファイルサーバSGateOffice(Secure Gate Office)を提供することになりました。本クラウドは、既存のクラウドファイルサーバで懸念されていた問題点を解決し、利用者が安心・安全に利用できます。
「SGateOffice」の概要のイメージ

ページ上部へ戻る

機能詳細

クラウド上のファイルを常に暗号化

本サービスは通信上ではSSL-VPNで行っているため、通信途中の盗聴防止には有効です。
しかし、クラウドストレージはストレージの管理を他に任せる性質がゆえ、預けた情報が暗号化されていなければ通信途中の盗聴よりも簡単に他人に見られる恐れがあります。
そこで、本クラウドはさらにストレージ側の暗号化機能を備えることで、その問題を解決しました。
自社内部で暗号キーを取り決め、その暗号キーを使ってクラウド上のファイルをやり取りするだけで、ファイルの操作は従来通り、利用者は全く暗号について意識する必要がありません。
また、暗号キーは一切クラウド上になく、利用PC上でしかファイルを復号化できないため、サービス提供者の管理者でもファイルに不正アクセスできません。

操作PCからの情報漏洩防止

SSL-VPNによって通信経路上を暗号化するだけでなく、利用PC上も独自の仮想化技術により動作させるため、利用者のモラルに依存せずに情報漏洩や不正コピーを防止できます。
利用者はサーバ上のファイルをダイレクトに開き、閲覧・編集を行うことができますが、管理者の許可なく他のメディアに保存したり、メールに添付して送信したりすることはできません。
さらに、ファイルの操作は、利用PCの物理ハードディスク上では行っておらず、通信もファイルサーバ以外とは許可されていないため、ウイルス防止にも有効です。

「SGateOffice」の仮想領域のイメージ

OTPトークンによる強固な認証

SGateOfficeを利用する際は、IDとパスワードを入力するだけでなく、OTPトークンのワンタイムパスワード(1分単位で自動的にパスワードを生成する装置)と組み合わせることで、強固な二因子認証になり、なりすまし等の被害を防ぐことができます。

自社ファイルサーバとの同期

Windows タスクスケジューラに登録するだけで、複数のフォルダを指定した時間ですべて自動的にクラウドと同期を取ることができます。
普段は、社内でファイルサーバをそのまま使い、外出先ではクラウドを利用。非常時にも社員が自宅などから利用でき、業務が継続できます。

ページ上部へ戻る

その他機能・特長

フォルダごとに権限の設定が可能

管理者が管理用ページからフォルダの新規作成や権限の設定をすることができます。
読み取りのみを許可したり、許可したユーザにしかフォルダ自体が見えないという設定ができるので、重要な情報が入ったフォルダを特定のユーザにしか利用させないという運用が可能です。

ファイルアクセスログの管理

ユーザごとのファイルアクセスログを管理者が管理ページ上で確認し、CSVファイルにエクスポートすることができます。
これにより、管理者が利用者の活動状況を把握することができます。

既存のソフトウェアをそのまま利用

利用者がファイルを閲覧・編集する際は、PCにインストールされている既存のソフトウェア(Microsoft Officeなど)を利用するので、特別な教育を行う必要がありません。

安心

  • 国内の大手データセンタに設置されたサーバを利用しています。

低コスト・経費削減

  • 月額わずか9,975円から利用できます。年契約をすると、1ヶ月あたり8,978円とさらにお得です。
  • 社内のファイルサーバの管理やメンテナンス費用、電気代を削減できます。
  • 大規模なシステムの導入や、高額な機器を購入することなく、リモートアクセスを実現できます。

簡単

  • 事前にソフトウェアをインストールする必要がなく、手間が掛かりません。
  • 直感的に利用できる操作画面なので、誰でも簡単に使えます。

ページ上部へ戻る

仕様

動作環境

OS Windows 7/8.1(32/64bit)
ハードウェア
スペック
・上記OS で推薦されているハードウェアスペック以上
・ActiveXが利用できること
Webブラウザ Microsoft Internet Explorer 10/11
Windowsユーザ
の種類
管理者権限、一般ユーザ権限
※初回ActiveXダウンロード時のみ管理者権限で行う必要があります。
Windows以外の
OS対応
管理者の許可によりWindows以外のOSでも利用できます。
iPhone, Android, Windowsスマートフォン、Mac OS、Linux

 

ページ上部へ戻る

ご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。