1. ホーム
  2. サーバ製品
  3. LOCK STAR-SGateX
  4. 利用シーン

LOCK STAR-SGateXたった1台のサーバで、社内・社外ともセキュアの環境で業務継続可能!

利用シーン

災害時やパンデミック対策としての在宅勤務

パンデミック時のSGateX利用のイメージ 新型インフルエンザなどのパンデミック時、またその他の非常時の対策として、会社に出社することなく外部から安全に仕事ができるしくみとして利用できます。
また、自宅にいながらネットワーク経由で社内の自分のPCを起動すること(Wake-on-LAN)もできます。

社内、校内セキュリティ対策(社内PCのシンクライアント化として)

SGateXを利用しての社内、校内PCのシンクライアント化のイメージ 社員または先生がSGateXを経由してファイルサーバ、インターネットにアクセスすることにより以下のメリットがあります。

  • SSL-VPNを経由するため、クライアントからサーバへのウイルス感染を防止できます。
  • クライアントにはファイルを保存できないため、暗号化・ログ管理などのセキュリティソフトの導入が不要になります。
  • 1台のSGateXサーバでイントラネットとインターネットのセキュリティが同時に確保できるため、設備コストを大幅に削減できます。

サーバなどのリモートメンテナンス/保守として

SGateXを利用してのサーバなどのリモートメンテナンス/保守のイメージ サーバ管理者が離れた場所から自社のサーバ・IDCのサーバなどを、使い慣れたリモート管理ツールを利用して安全にメンテナンス/保守をすることができます。
これにより、サーバ上のファイルだけではなく、データベースからダウンロードした情報も外部に取り出すことはできません。

社内サーバのクラウドへの移行

SGateを利用してのサーバなどのリモートメンテナンス/保守のイメージ データセンターの仮想環境でも動作するため、あらゆるサーバを簡単にクラウド化することができます。
データセンター側は、既存の設定を基本的に変更することなく、ユーザに対してファイルサーバなどのサービスを提供できるため、新たな投資費用が掛からず、まとまった仮想環境サービスの契約が可能となります。
これにより、付加価値を高め、他のデータセンターとの差別化ができる上、中小企業までサービスを広めることで市場の拡大が期待できます。
一方、中小企業側でも低コストで、簡単に非常時の在宅勤務などを実現できます。

「どの製品が適しているのかわからない」、「こういったことはできないのか」など、ご不明な点がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る

サーバ製品