1. ホーム
  2. 【社外からのアクセス対策】 社内/社外間での、より安全な業務提携やデータ共有/交換を実現したい

【社外からのアクセス対策】

社内/社外間での、より安全な業務提携やデータ共有/交換を実現したい

複数の企業が共同で1つのプロジェクトを行う際、重要なデータをメールの送受信でやり取りすると、大容量のファイルを送ることができなかったり、複数の中継サーバを経由するためセキュリティ的にも不安が残ります。
そのため、データの共有の場があると、送受信の手間を省き、円滑にデータの確認ができます。
また、会社の支店それぞれで管理していたファイルを一元化して共有することは、業務の効率化、管理コストの削減にもつながります。
もちろん、企業間の重要な情報、社内の社外秘のデータを共有するにはセキュリティが確保されていることが前提となります。

そこで、ロジカルテックでは強固なセキュリティにより、安心してデータを共有できる製品をご紹介いたします。

企業間・拠点間で安全にデータ共有/交換を実現する製品

  • LOCK STAR-SGate
  • LOCK STAR-SGateX

利用シーン

  • 本社と各支店の拠点間でのファイルの一元管理
  • 代理店や取引先会社へ最新の資料を提供
  • 企業間でのファイル共有

なぜSGateとSGateXでセキュリティを確保してファイル共有ができるのか

  • 登録されたユーザしかアクセスできません。さらにUSBキーでの二因子認証や、端末認証を組み合わせることもできます。
  • ファイルサーバのファイルを暗号化できるので、登録されたユーザでも暗号キーを知らないとファイルを見ることができません。
  • ファイルを閲覧・編集することは可能ですが、ファイルを取り出すことはできません。印刷を禁止することもできます。

SGateとSGateXのどちらが適しているか?

SGateとSGateXは、どちらも安全なファイル共有を可能にしますが、それぞれ適したご利用の目的があります。

LOCK STAR-SGateに適した利用目的

  • 許可されたプログラムのみ社内システムにアクセスさせたい
  • 主にファイルサーバのセキュリティを守りたい

LOCK STAR-SGateXに適した利用目的

  • PCで操作したすべてのデータをローカルに残したくない
  • Windowsのエクスプローラを利用してサーバにアクセスしたい
  • ローカルセキュリティとして利用したい

「どの製品が適しているのかわからない」、「こういったことはできないのか」など、ご不明な点がございましたら、ぜひ弊社までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

ページ上部へ戻る

サーバ製品

スタンドアロン製品